icon-sns-youtube icon-sns-facebook icon-sns-twitter icon-sns-instagram icon-sns-line icon-sns-tiktok icon-sns-etc
SEARCH

葬儀

2024.05.01

葬式におすすめのカバン 男性・女性別に選び方も解説!

  • facebook
  • twitter
  • LINE

お葬式には喪服、ブラックフォーマルが正装になりますが、持って行くカバンに決まりやマナーはあるのでしょうか?
こちらではお葬式など弔事に持っていくカバンについて、素材や形などマナーを解説、また女性男性それぞれにおすすめのカバンをピックアップしました。

困ったときのご参考にして下さい。

葬式のカバンに決まりはあるか?
バッグ カバン フォーマル
弔事というものは突然訪れるものです。
ある程度覚悟ができるケースもありますが、 弔事に「備える」というのも縁起も悪く 、なかなか出来ることではありません。

中でも、 喪服、ブラックフォーマル衣装はあってもカバンがない、という方は多い ようです。
そのため、黒めのバッグで代用しよう、という方もいらっしゃいます。

しかし 社会人であればお葬式やお通夜に、正式なブラックフォーマル用のカバンを持っておきたい ところですよね。
お葬式やお通夜に持って行くカバンにはちゃんとしたマナーが あります。

こちらでは葬式のカバンについて、選び方やおすすめカバンなどまとめます。

葬式のカバンの選び方①素材
葬式など弔事の際に着る服はブラックフォーマル、黒色の服と決まっています。
葬式の際にもっていくバッグは、黒色で光沢のないもの、がマナー です。

素材は、 布製のカバンが一番おすすめ です。
革製の葬式用カバンは、 仏教では「殺生」を禁じることから以前は敬遠 されていました。

最近では考え方も柔軟になり、 革製の葬式カバンをお持ちになる方も増えて います。
革製のカバンは物持ちが良いので長く使えるから、というのが理由です。

しかし 地域によっては革製の葬式カバンは非常識 、とみなされるケースもあります。
お住まいの地域やお出になる地域ではどうなのか、事前にチェックしましょう。

葬式のカバンの選び方②形・装飾
フォーマルバッグ
葬式カバンはあまり大きめカバンは不向きなので避けましょう。
トートバッグやショルダーバッグも、そぐわないので選ばない方が良いです。

一番差し障りのないのが シンプルなハンドバッグタイプ のもの。
黒のハンドバッグなら葬式の時だけでなく、 慶事の時にも使えます。

黒のカバンですと時に 金の留め具や飾りがついているデザインのものもありますが、装飾品がついているものはNG です。
また、 革製のカバンの場合、あまり光沢のあるものは避けましょう。

クロコダイルなど、 生々しく生き物を感じさせるようなものもNG です。
葬式用カバンにはあくまでシンプルに、黒いカバンを選んでください。

葬式のカバンの選び方③大きさ
葬式用のカバンにはハンドバッグタイプがおすすめですが、大きさは、 あまり大きすぎないものがおすすめ です。
お葬式の会場には多くの人が弔問に訪れることがありますから 大きめのカバンは迷惑にもなる でしょう。

しかし 女性の場合は何かと持ち物も多い ですよね。
数珠やお香典といった お葬式に必須なものに加え、ハンカチや財布、ポーチなど色々 あります。

一見小ぶりながら、マチが広かったり、口が大きく開くタイプ のカバンですと、持ち物が出し入れしやすいです。
また、見た目よりも多くの物を入れることができます。

お子さん連れなどの理由で持ち物が多くなってしまう場合には サブバッグを持つように しましょう。

葬式のカバンの選び方④色
喪服 カバン
葬式用のカバンは「黒」色を選ぶのがマナー です。
グレーや紺色のカバンはNGです。

葬式用のカバンとして新たに購入するのであれば 必ず黒のカバンを選ぶ様にしてください。

男性は葬式にカバンが必要?
男性喪服
女性はお葬式には黒カバンを、というお話をしてきましたが、 男性がお葬式に参列する場合は どうでしょうか。

男性は基本的に葬式にカバンを持っていかない
男性はお葬式には基本的にはカバンは持ちません。
持ち物はスーツのポケットに入れます。

財布など、ポケットが膨らんでしまう可能性がある場合には 極力中身を減らすかマネークリップなどを 使いましょう。
他にも、持ち物は必要最低限に抑えましょう。

ご夫婦でお葬式に参列されるのでしたら 奥様のカバンに入れてもらう 、というのもありです。

カバンを用いる場合の選び方
どうしてもカバンが必要であれば、 セカンドバッグやクラッチバッグがおすすめ です。
素材や色については女性のカバンで述べたように、 光沢があったり柄物は避け、シンプルに黒のカバンを選んで ください。

大きさについては、 座った時に膝の上に乗せられるくらいの カバンが良いでしょう。

葬式のカバンの購入場所
購入
葬式用のカバンはどこで購入することができるでしょうか、見てみましょう。

インターネット通販
百貨店
大型スーパー
インターネット通販
葬式用のカバンは、上記、おすすめのカバンでもご紹介していますが、 インターネットの通販で購入することができます。
昨今、 ネット通販で買えないものはない、というほどに品揃えが豊富 です。

しかしネット通販ですと 触り心地や色合いが思っていたものと違う、という事態も発生 します。
カバンのサイズも、数字だけではよくわからないこともあります。

実際に手にとって見ることができないのはデメリット とも言えます。

百貨店
葬式用のカバンは、 百貨店で選べばまず間違いはない と言えます。
百貨店にはブランドも多く入っていますから、 各ブランドの上質なカバンを買うことができます。

分からないことは 店員さんに相談もできますし、実際目で見て購入も できます。
しかし 価格がやや高くなるのと、種類があまりない、というのがデメリット かもしれません。

大型スーパー
葬式カバンは イトーヨーカドーやイオンなど、大型スーパーでも扱っている ところがあります。
喪服などを扱っていればカバンなど小物も大抵置いてあります。

しかし 大型スーパー全部に置いてあるわけではありません。
買いに行かれる際には事前に取り扱いがあるか確認しましょう。

葬式のカバンには何を入れる?
持ち物 香典2
お葬式のカバンには以下のものを入れましょう。

お香典
袱紗
数珠
ハンカチ
財布
(季節によって)扇子
お香典
お葬式には お香典は必須ですから忘れないように しましょう。
その場で香典袋に入れるようなことはせず、あらかじめ家で準備しましょう。

袱紗
お香典袋はむき出しにせず、必ず袱紗に 包みます。

数珠
仏教式のお葬式であれば数珠は必須 です。
キリスト教式や神式では使わないので注意しましょう。

ハンカチ
たしなみとしてハンカチはカバンに 入れましょう。
お葬式なので 黒いハンカチ、もしくはハンドタオル が基本です。

財布
葬式用カバンはあまり大きくないので、 膨らまぬようできるだけスマートに まとめましょう。
最低限にとどめましょう。

扇子
お葬式の場なのであまりバタバタ仰ぐのは失礼にあたりますが、 真夏など、気候によっては扇子もカバンに いれておきましょう。
その場合も 黒を基調とした扇子 を選びましょう。

葬式のカバンに関するQ&A
疑問
葬式に持って行くカバンについては 以下のような疑問点を皆さんお持ちになる ようです。
一つ一つ確認していきましょう。

ショルダーバッグで参列する時は?
荷物は預けられる?
サブバッグは必要?
葬式カバンのお手入れ方法は?
Q:ショルダーバッグで参列する時の持ち方は?
A: 肩紐を結んで手に持つ
急なお葬式などで会社帰りに参列する、というケース もあるかと思います。
どうしても会社への持ち物で色は黒でもショルダーバッグにしか収まらなかったということもありますよね。

その際は、 肩からかけずに、紐部分を結んで手に持つ ようにしましょう。
肩かけると目立ってしまい、お葬式の場ではふさわしくないと見られてしまいます。

Q:荷物は預けられる?
A:葬儀場ならクロークがある
こちらもやはり会社帰りなどのケースですが、 荷物が多い場合には葬儀会場のクロークに預けることが可能 です。
大きな会場でしたらほぼ完備してあります。

クロークがなくても 荷物置き場を設けている会場がほとんど ですので聞いてみると良いでしょう。

Q:サブバッグは必要?
A:持っていると便利
葬式カバンにサブバッグは、 必ずしも必要というわけではありませんが、もしあれば便利 なものです。
黒の無地の、布製のものがおすすめです。

特に女性は荷物が元々多いですし、葬式カバンだけに入りきらないこともありますよね。
悪天候の際には折り畳み傘などを入れることもある でしょう。

サブバッグも持っておくことはおすすめ です。

Q:葬式カバンのお手入れ方法は?
A:汚れは乾いた布で拭きとって
葬式カバンは、 そう何度も使うものではありません。
使ったら、まず 汚れなどを乾いた布で 拭きとりましょう。

潰れたりしないように 新聞紙などを丸めてカバンに詰めておき、それから箱に入れて保管 します。

マナー違反にならないよう葬式カバンを選びましょう
普段カバンのコーナーを見ていても、 「葬式用のカバンも見ておこう」とはなかなかなりません。
しかしあらかじめ 知識として葬式カバンについてのマナーを知っておくことは大切 です。

社会人になり、ある程度の年齢になったら、 常識として葬式カバンを買っておいても良い かと思います。
当日になって「持っていない」と慌てる事はスマートではありません。

お葬式の場でなくても 慶事にも使えるデザインを選ぶと良い ですね。

RELATED