icon-sns-youtube icon-sns-facebook icon-sns-twitter icon-sns-instagram icon-sns-line icon-sns-tiktok icon-sns-etc
SEARCH

葬儀

2024.05.01

散骨業者 正しい選び方や金額・内容を比較

  • facebook
  • twitter
  • LINE

海洋散骨は海にお骨を蒔きますので、お骨を蒔くポイントまで船で行かなくてはなりません。
そんなときに頼りになる業者についても、2020年度最新版の有料業者を紹介していきます。

各業者のプランや内容、東京や大阪などのエリア別での金額など、細かく紹介していますので、海洋散骨業者選びの参考にしていただければと思います。

そもそも海洋散骨とは?
亡くなった方の遺骨の取り扱いについて、現代では一般的な方法だけではなく、様々な選択肢が出てきました。
その一つが 「散骨」 です。

散骨は火葬した後のお骨を山や海などに蒔く方法です。
さらに新しい方法ですと、人工衛星やロケットにお骨を搭載して宇宙に散骨する「宇宙葬」などと言う方法もあります。

散骨はご遺骨全部を散骨してしまう方法と、ご遺骨の一部を残して散骨する方法があり、ご遺族がどちらか選べる業者も多いです。
散骨といってもその方法は多岐にわたっていますので、少しでも希望に合った方法をしっかりと調べてから行うといいでしょう。

散骨を選ぶ理由は「故人がその場所が好きだったから」「故人が残された家族にお墓のことで迷惑を掛けたくないという思いがある」など様々です。
海洋散骨について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

散骨の金額・費用相場を種類別に徹底解説!法律やマナーも!【専門家監修&口コミ】
第三人生編集部

優良散骨業者を選ぶコツ4選

散骨は現在の法律ではっきりとした規制はないものの、刑法190条では 遺骨損壊罪、遺骨遺棄罪 などを定めており、散骨が法律に觝触しないかどうかはいまだ正式な見解が出ていません。
そのため、散骨をするときにはその手続き方法についてしっかり確認しておきましょう。

また、散骨するにはお骨を細かく砕いて蒔きますので、それなりに労力がかかります。
散骨を検討するなら、お骨を砕く方法や散骨できる場所について熟知している業者に頼むのがベストでしょう。

そして、業者に頼むなら 信頼のおける業者に依頼 して行うことが一番安心な方法と言えるでしょう。
以下に散骨において信頼できる業者を見つけるためのポイントをご紹介します。

価格が安すぎないか
時間をかける
メールの対応が早い
資料を請求してみる
価格が安すぎないか
散骨は比較的新しい方法のため、インターネットなどで調べても、価格にはかなりの幅があります。
しかしながら、あまりに価格が安い業者については、 かかる費用についてしっかりとした根拠があるのか見極める必要 があります。

信頼のおける業者であれば、大切な部分で手を抜くことはありませんから、理由無く相場よりも価格が安いと言うことはないでしょう。

時間をかける
散骨業者は調べるとかなりの数の業者があります。
単に散骨だけをする業者から散骨当日にセレモニーを行い、散骨の証明書を発行したりその後、必要に応じて散骨した場所に行けるようなサービスがあったりする業者と様々です。

故人とご家族の希望に合った業者が見つかるまで、インターネットで調べてみるだけでなく、実際にその業者で散骨をしたことのある人に話を聞いてみるなど、 業者を決めるのに労力と時間を掛ける とよりよい散骨業者を見つけることができ、満足できる散骨となることでしょう。

メールの対応が早い
これはと思う散骨業者を見つけたら、問い合わせのメールを送ってみましょう。
その際に業者からの対応メールが早い業者は、その後の対応も迅速に丁寧に行ってくれる可能性が大です。

業者を決める際には メールの返信、返信された内容をよく確認しましょう。
逆にメールの返信が大幅に遅い、返信されたメールの内容が不十分、質問の内容に添っていない業者は避けた方がよさそうです。

資料を請求してみる
散骨業者を決める上では、インターネットだけの情報ではなく、資料も請求してみましょう。
送られてくる 資料の情報量でその業者の質などもわかる事が多い です。

資料の内容が薄い、ほしい情報が十分に記載されていないなどの場合には、その業者を選ばない方が無難でしょう。

散骨業者を選ぶ時の注意点3選
! 注意
会社が本当に存在するか調査
複数の業者を比較
個別か合同かを確認
会社が本当に存在するか調査
散骨は新しい埋葬の形態ですので、参入している業者も様々です。
中には 会社自体が存在しない業者もあるのも事実 です。

会社所在地に本当にその会社があるのか、散骨の実績が本当にあるのかを確認する必要があります。

確認の方法としては、

電話をしてみる
メールを送ってみる
資料請求をしてみる
会社所在地を訪問してみる
などがあります。

複数の業者を比較
散骨業者を決めるときには 複数の業者を比較 しましょう。
前述の通り、散骨業者は近年初めたところが多いので、その方法やサービスの内容は様々です。

散骨の方法、それに伴うサービスについていろいろな業者を比較することで、より希望に近い散骨が実現できます。

個別か合同か確認
散骨には個別での散骨と他の方との合同の散骨があります。
どの方法の散骨も、 個別で行った方が比較的費用が高い傾向 にあります。

個別の散骨なのか合同の散骨なのか、どちらか選べるときには費用はそれぞれいくらなのか事前に必ず確認しましょう。

散骨業者の金額相場
お墓掃除代行 費用
散骨業者は業者により金額設定が様々です。
散骨の方法やそれに付随するサービスにより、金額設定が変わってきますが、おおよその相場を下記にご案内します。

散骨の方法    相場
海洋散骨・個別    100,000円~300,000円
海洋散骨・合同    70,000円~100,000円
海洋散骨・委託    25,000円~80,000円
山林散骨    40,000円~80,000円
宇宙散骨    400,000円~2,500,000円
金額相場に関しては以下をご覧下さい。

散骨の金額・費用相場を種類別に徹底解説!法律やマナーも!【専門家監修&口コミ】
第三人生編集部

【図解】散骨の流れ
ここでは一般的な海洋散骨の流れを見ていきましょう。

海洋散骨 手順
契約
散骨業者を決め、契約をします。
サインをする前に契約内容に疑問点がある場合は必ず業者に確認し、納得した上で契約をしましょう。

出航
海洋散骨では砕いた後のお骨を持って船に乗船します。
お骨を砕くのはご自身でするのか、業者にお願いしているのか事前にしっかり確認をしておりましょう。

出港後にお骨が砕かれていない場合、散骨自体できなくなってしまいます。

散骨
お骨を海に散骨します。
お骨は全部散骨してしまうのか、それともご遺族が手元に置いておくお骨があるのか、事前にしっかり話し合いをしておきましょう。

献花、献酒
散骨をした海に、お花を献花し、酒を蒔きます。

帰港
散骨場所から離れて帰港します。
業者によっては、散骨した場所を記録し、帰港後に証明書を発行してくれるところもあります。

また、業者によってはご遺族の希望により、後日散骨をした場所に再度船を出してくれる業者もありますので、散骨後も散骨場所に行きたいという希望がある方は、そういったサービスのある業者を探してみましょう。


これからの時代は散骨も多くの人に選択される時代
今までは一般的にお骨はお墓に納骨されるのが常識とされてきましたが、亡くなった人を弔う方法も様々な事情から選択肢が増えています。

その中でも海洋散骨は多くの人に選択肢として選ばれています。
生前にどのような弔い方が希望であるかをよく話し合い、故人とご遺族の希望に合った弔い方が実現できるといいですね。

RELATED